石垣島にある
海色ガラスジュエリーと
クラニオボディセラピーの
ちいさなお店

石垣島にある海色ガラスジュエリーと
クラニオボディセラピーのちいさなお店

blog

「Yururu」のあゆみです。

 

 

 

 

こんにちは。

当ブログにご訪問くださって
ありがとうございます。

気持も新たに。
いつも支えてくださってるみなさんにも、
これから出逢うみなさんにも
ごあいさつ、させてくださいね。

 

石垣島にあります

海色ガラスジュエリーとクラニオボディセラピーの「Yururu」

の、いわき あゆみ と申します。
S44年夏うまれ。

 

 

0才2才の子供たちを保育園に預けて、
バリバリと仕事を楽しんでいた札幌での20代後半。
充実しすぎていて、
自分でも気づかないまま溜めこんだ営業職のストレスと
生まれつきの骨格や運動不足もあってか、
2003年頃から持病の腰痛が悪化して
冬場は完全な寝たきりに。(夏は少し復活して働いてました。笑)

少しずつ少しずつ部屋も、子供たちも、ダーリンも、
ココロ模様が荒れていく中で、
天井の模様を数えて時間をやり過ごすほど
精神的に落ちていたころ、
公務員を退職(!)という決断をしてくれたダーリンと共に
「いつかは南の島に住みたいね」という
家族の気持ちに「療養」という大義名分をのせて、
小学生の長男長女+我が家の番長、
ラブラドールの「げんき」と5人家族で、
大好きだった営業のお仕事をたたんで北海道から移住。

気づけば、家族と海と

『海色ガラスジュエリー』

と。
そして、45才で出逢った、
これなしでは生きていけないと思うくらい大切な

『クラニオセイクラルバイオダイナミクス』

というボディセラピーとを両手に
ゆるる、ゆるる、暮らしています*^-^*

 

愛犬げんきが番長の仕事を全うした後、
子供たちもそれぞれに進学して島を出ました。

 

現在は大好きなダーリンとの
二人っきりの島暮らしを楽しんでいます。

 

*  *  *  *  *  *  *  *

 

島で暮らしはじめて。

家族との時間、
自分のための時間
そして自分のカラダのための時間を大切に
ゆるり、自然に添いながら暮らしていきたいと思って
自分のペースで、実験を繰り返しながら
独学で作り上げたのが
海色ガラスたち♪

とにかく、海のグラデーションを。
この、石垣島の海を感じるもの。

と思ってたどり着いた素材がガラスでした。

家族やカラダを犠牲にしてること気づかないまま、
札幌でがむしゃらに(笑)働いてたとき、
石垣島の海に会いにいくこと、や
石垣島の海の写真を見ること、をご褒美に
頑張ってたのと同じふうに

 

石垣島の海にココロ囚われてる誰かに、
でも、すぐには飛んでこられないあなたに。

いつでも、ココロが逢いにいける
あなただけの「石垣島の海」を作りたくて。

 

「そのココロの支えになる『海』を届けたい!」

と思いながら海色ガラスと遊んでるうちに
これもまた、あっという間に10数年たっちった。
…とゆう感じです(笑)

 

そんなふに、
穏やかにゆるゆると

大好きなな海のそばで
大好きな家族と一緒に
大好きなお客様に囲まれて
大好きなガラスを焼きながら
暮らしてたある時!

ちいさなきっかけとおおきな運命(笑)で

「クラニオセイクラルバイオダイナミクス」

という、
介入しない整体(ざっくり言うと、ね)に出逢えたおかげで
石垣島の海がカラダやココロを整えてくれたのと同じように、
自分の中に、カラダやココロをを整えてくれる
「海」を見つけちゃったのでひた…♪

 

八重山から遠く離れた都会の中で
(いや、都会じゃなくてもいんだけろ。笑)
毎日、気づかないうちに競っちゃってたり
知らないうちにココロ削りながら
それでも一生懸命に
お仕事や家事や育児やたくさんの人間関係に、
しっかり向き合ってる
そんな、ちょっぴりがんばりすぎな
大人の女の子たちに!

カラダが求める深い深いリラックスや
自分の中で眠ってる自己調整力が開いていく時間を、
ぜひぜひ、感じてもらいた~いv(≧∇≦)v

 

そして、ずっとずっと
自分の不健康なカラダを持て余して
違うカラダと取り換えたい~!!
と、気づかないうちに思い続けてた私が
人生で初めて、自分の中に感じた、

「健康に向かってくチカラ」

を、たくさんの大好きなみなさんにも
ぜひぜひぜひ(笑)
クラニオセイクラルバイオダイナミクスを通して
ゆるり、ふわり、感じてほしい~v(≧∇≦)v

 

生きてるってこと自体が。

もっともっとラクに、
そしてもっともっと楽しくなるよ♪

私、なったんだもん(笑)
そして、ほんとにたくさんのお客様が
実感してくださってます~v(≧∇≦)v

 

そんな毎日です♪

 

 

一緒に泳ごうね。
アナタの中にある、その海でね。

 

 

 

 

長くなっちゃった(笑)
最後まで読んでくださってありがとございます!

 

これからも、ゆるり。
よろしくおねがいいたします♪

 

 

 

トップへ戻る